【アメリカ自動車保険】相場・アンブレラ保険?安いプランの選び方~日本との違いを理解しよう~

アメリカの住宅街に停まる白い車 アメリカの生活

アメリカの自動車保険の相場や安いプランの選び方は、車社会のアメリカで大事な知識です。

車の購入保険の加入は最優先事項の一つでしょう。

 

そこでアメリカで自動車保険に加入する際の

・保険料の相場

・日本とアメリカの自動車保険の違い

・アメリカのアンブレラ保険とは

・アメリカの自動車保険の選び方

・安くておすすめの保険プラン

 

実際のアメリカ生活の経験をもとに、説明しています。

日本とアメリカの自動車保険の制度や補償額には違いがあるため、安く手安全安心の自動車保険を、慎重に選びましょう。

 

アメリカの自動車保険の制度としくみ

アメリカのタクシーと乗用車

日本の自動車保険の仕組みは、強制的に加入しなければならない「自賠責保険」と任意で加入する「任意保険」2段階制です。

アメリカの自動車保険も日本同様に、強制保険任意保険から成ります。

 

厳密には、アメリカでは強制保険はありませんが、各州ごとに自動車保険最低補償条件(Minimum Car Insurance Requirements)を定めた法律が存在します。

自動車保持者は、この最低保証額を上回る保険に入らなければならないため、結局は日本の強制保険と任意保険の2段階と同じようなシステムです。

 

1.アメリカの自動車強制保険とは?

アメリカで自動車事故に遭った際、相手の損害に対する補償です
つまり日本の自賠責保険にあたるものです

 

これには加入するプランにより、補償のランクがあります。

例えばカリフォルニア州では、最低限のプランの補償額上限は、対人1人あたり$15,000(1事故につき$30,000)、対物$5,000

 

これを超える金額が発生してしまった場合は、自己負担となってしまいます。
そのため、補償額は慎重に選ばなければならないのです。

 

 

2.アメリカの自動車任意保険とは?(アンブレラ保険)とは?

 

自身の車両や同乗者の怪我などに対する補償です。

相手の保険や、前述の強制保険のみではカバーされない部分を補うため保険です。

日本では任意保険と言われる、強制保険への上乗せの保険をアメリカでは「アンブレラ保険」と言います。

 

アメリカの強制保険で設定されている補償額は非常に低額です。

そのため、車社会で車を多く運転する地域では特に、アンブレラ保険は入っておくことをおすすめします

 

アメリカの自動車保険料金の相場はいくら?

黒と白の車2台

アメリカの自動車保険の費用の相場は、日本よりも高いです。

事故が多いのも理由でしょう。

 

州によって違いますが、平均でアメリカでは毎月$125の保険料が相場です。

情報元:Business insider US

 

また、アメリカでは日本同様に年齢によっても相場が変わります。
この年齢による差も大きいのが特徴です。

 

例えばカリフォルニアでは、50代の年間保険相場額$1,867(本日のレートで21万程度)であるのに対し、16歳の若い方はなんと年間相場$8,226(93万程度)。

 

あなたもアメリカに行くときは、保険料の見積もりを先にし、必ず生活費に余裕を持たせておきましょう。
無事故証明書を出せば安くしてくれるという保険会社もあるようですので、確認してみるといいでしょう。

 

 

アメリカの自動車保険と日本の自動車保険の違い

アメリカの自動車保険も日本同様、強制保険任意保険から成ります。


しかし、アメリカと日本の自動車保険は、その保険の内容に違いがあります

 

多くの日本の保険は、対人補償が無制限であるのに対し、アメリカの保険は対人・対物などの補償の上限を自身で決めて保険に加入します

 

つまり、アメリカでは補償費用が安ければ、加入費用も安い保険、
補償内容が手厚ければ、加入費用は安くないということになります。

 

アメリカの自動車保険を選ぶ際は、自身に合ったプランにするため、慎重に選ぶ必要があります。

 

 

先ほども例を出しましたが、アメリカの強制保険には、補償のランクがあり、選ぶことができます。

 

例えばカリフォルニア州では、最低限のプランの補償額上限は

対人1人あたり$15,000(1事故につき$30,000)、対物$5,000

 

これを超える金額が発生してしまった場合は、自己負担となってしまいます。
そのため、補償額は慎重に選ばなければならないのです。

 

アメリカは訴訟社会とも呼ばれます。
事故を起こした相手側が、多額の補償額を請求してくることも考えられます。

万が一に備え、保険料が高いからと節約せずに、アンブレラ保険に入ることをおすすめします。

 

 

アメリカで自動車保険に入るおすすめの方法

広大な自然の中を走る黄色い車

車の保険の手続きには専門用語が多く、また、日本と制度やプランの立て方や補償の仕組みが違うため、英語上級者であっても契約は根気のいる作業です。

 

よくプランの内容を理解しないままで、なんとなく保険会社の人に勧められるがままに契約をすると、必要以上に高い保険料で契約することになってしまいます

 

駐在の方は必ず先輩社員や同僚、人事部に相談をする方がよいでしょう。
大きな企業であれば、どの保険会社を使うと安心か紹介してくれるはずです。

 

 

また、H-1 ビザJ-1ビザで現地の会社で働く方も、地元の知り合いに一度相談をしてみることをおすすめします。学生は友人、ホストファミリーや学生課などに聞くのもよいでしょう。

 

アメリカで車を買ったら、すぐに保険に入りましょう。

アメリカで中古車の買いかたと方法や運転免許の取得のし方ついては別途記事を書いていますので、参考にされてください。

 

 

大切な命を守るための自動車保険です。

英語に不安がある方は、日本語対応の可能な日本の保険会社もあります。
慎重に選び、アメリカでの生活を安心して過ごせるように準備をすることをおすすめします。

 

アメリカで保険に加入したり、銀行口座を開いたりするには、日本のマイナンバー同様のソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)が必要です。

 

アメリカに到着したらソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)を早めにとりましょう。

取得のし方などは別途記事にしていますので参考にしてください。

 

【留学生も可能】アメリカのソーシャルセキュリティーナンバー申請方法と忘れた場合
アメリカで重要なソーシャルセキュリティーナンバーの申請方法を解説。留学生でも取得ができる方法、そして、なくしたときの対処法も紹介しています。 家の契約や銀行口座など、SSNはなければなにもできません。早めに取得し、保管しましょう。

 

その他、アメリカ生活のお役立ち情報はこちらです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました