【J1ビザ】アメリカ帰国後の転職先や日本での再就職の進路は?

海外留学と海外転職

 

アメリカでインターンシップとしてJ1ビザで転職をした後、

日本に帰国すると、どんな仕事へ転職が可能なのでしょうか。

 

多くのJ1ビザ経験者は、日本に帰国したらどんな職種や、どんな会社へ再就職するのでしょうか。

 

J1ビザを取得してアメリカで仕事をした筆者が、実際に周囲のJ1ビザ取得者の進路などを紹介します。

 

J1ビザ帰国後の進路で多い職業、進路は?

 

J1ビザでアメリカでインターンシップとして仕事をしたら、日本の履歴書には「職歴」として書くことができます。

 

そのため、「アメリカで仕事をした経験がある」というキャリアに繋がり

 

英語を使う仕事、
外資系、
国際展開をしているグローバル企業

 

などに転職への道が広がります。

 

帰国後の日本の転職先として多い職種を紹介します。

 

①外資系広告業

J1ビザで働いて、帰国後は外資系の広告会社の営業として就職している人が多くいます。

 

アメリカで働いていた経験を活かして、日本にある海外の会社などをクライアントにした広告営業担当や、

起業の広告プランを考えるプランナーなどに就職するケースです。

 

同僚は日本人がおおいため、仕事の中で英語を使う機会は多いわけではありませんが、大手の外資広告会社に就職できる可能性が広がるようです。

 

 

②留学斡旋業者、留学サポート会社

海外で様々な経験をしたら、やはり日本の若い人にも今後多くの経験を積んでほしいと思うものです。

 

そのため、日本の大学生の留学を支援したり、ビザ申請代行などを行う会社に再就職する人も多いです。

 

経験を活かして仕事ができるため、比較的転職もスムーズのようです。

 

「自分と同じように、多くの人に海外で様々な経験を積んでほしい」

 

という想いのある方にはおすすめの帰国後の進路です。

 

 

③旅行会社

中途採用も多い旅行会社への再就職のケースも多いです。

 

やはりJ1ビザでせっかく海外で仕事をしたのですから、日本帰国後も世界とつながる仕事がしたいという方が多く、教育や旅行関係への転職が多く見られます。

 

部署によっては、日本国内担当になる可能性もありますが、海外とつながる仕事をしたい、留学ではなく旅行として多くの人に気軽に海外に行ってほしいという想いのある方にはおすすめです。

 

 

④起業・独立

 

これまでの経験を活かして、起業する方も多いです。

 

フリーランスとしてコンサルタントをしたり、人材会社へのリクルーターとしてフリーで活動される方もいます。

人脈やネットワークがあり、収入の見込みがあるのであれば、これも一つの手段でしょう。

 

また、エンジニアやウェブデザイナーなどの仕事をもともとされていた方なども、帰国後は再就職として一定の起業には所属せずに、フリーランスで働かれる方も多いです。

 

 

自由に自分のペースで、アメリカの働き方のような環境で仕事がしたいという方が多くなるのでしょう。

 

 

帰国後の転職先の見つけ方、成功する転職方法

J1ビザでアメリカでインターンシップとして働くと、履歴書に「職務経歴」として記載が可能です

 

 

そのため、外資系企業など、グローバル企業に転職する可能性が開けます。

 

 

大きなキャリアアップにつながるかもしれません。

 

 

まずは、帰国前からでも、日本の「外資系企業、グローバル企業に強い転職エージェント」に登録をしておきましょう。

 

 

色々な情報をすぐにくれますし、アメリカに本社がある企業の日本支社の求人があった場合は、

アメリカにあなたがまだいる間であれば、アメリカ本社を実際に訪ねて雰囲気を見ることも可能です。

 

 

せっかくJ1ビザで海外で仕事をしたのですから、その経験を活かせるよう、まずはプロのリクルーターに相談をしてみましょう。

 

自分の帰国後にやりたいこと、挑戦したいことなどが見えてくるでしょう。

 

外資系転職に強いエージェントは以下にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 

【海外転職方法】英語・未経験・女性・スカウトありのおすすめエージェントを使う!
海外転職をする方法の一つは、海外案件や、外資系、日系の海外駐在求人など、グローバル案件や外国と関わる仕事の求人のある転職エージェントに登録することです。東南アジアやアメリカ、ヨーロッパ求人など、国別、目的別の登録すべきサイトを一覧で紹介しています。

 

まとめ~経験を活かして人の役に立つ~

 

J1ビザでアメリカでインターンシップとして働くと、履歴書に「職務経歴」として記載が可能です。

 

そのため、海外での就労経験として、これまでとは違ったキャリアの職種への転職が可能にもなってきます。

 

多くの人のパターンでは、海外の経験を活かして、人の役に立てる職種を選んで再就職を決めているようです。

 

いろんな可能性を大切に、ぜひ夢に向かって経験を活かして頑張ってくださいね!

 

 

ただ、J1ビザは、現地では給料も安く待遇はよくありません。

今J1ビザの取得を悩んでいる方は、こちらも参考にして、よく考えてから進路を決めることをおすすめします。

 

【給料が安すぎる】J1ビザでアメリカで働くなら低待遇・貧乏生活覚悟で
アメリカのインターンシップビザJ1ビザの給料と、待遇について紹介しています。J1ビザは、給料が非常に低く、待遇も悪いため、物価の高いアメリカでは極貧生活になります。 H1ビザ(就労ビザ)が取れなかった場合は、J1ビザも一つの手段ですが、ぜひ注意をして考えましょう。

タイトルとURLをコピーしました