【海外転職】日本人が転職しやすい国はどこ?求人が多く働きやすい国

海外留学と海外転職

 

海外で仕事をしたい、転職をしたい。

海外で生活をしてみたい。

 

世界を股にかけて仕事をしたい人向けに、

 

どの国が日本人も仕事を見つけやすいのか、転職しやすいのか、

 

ビザの問題や外資、日系企業の多さなどで、

 

日本人が海外転職しやすい、仕事を見つけやすい国をまとめました。

 

 

日本人が仕事を見つけやすい国~欧米編~

欧米は、先進国であり、衛生的にも日本とあまり変わりがないことから、転職先として人気です。

しかし、基本は英語が話せなければ転職は難しいこと、ビザの取得にも審査が厳しため、

競争率が高くなります。

 

アメリカ~インターンシップビザで転職~

アメリカで転職をするには、H1ビザという就労ビザが必要です

 

しかし、このビザは、取得審査が非常に厳しいため、とても難しいです。

 

ただ、インターンシップとしてであれば、J1ビザという比較的取得しやすいビザがあり、仕事をしながらアメリカ生活が可能です。

 

【取得しやすい?】J1ビザ申請の費用や期間~面接と書類など就労ビザとの違いは?~
J1ビザの取得方法や費用、期間や必要書類、面接までの流れ、H1ビザとの違いについても紹介しています。 J1ビザを取得してアメリカで働きたい方は流れや面接の質問内容などを把握できるため参考にしてください。

 

しかし、J1ビザは給料や待遇がそれほどいいわけではないため、生活ができる程の給料かなど、見極めが大切です。

 

給料に問題がなければ、J1ビザ(インターンシップビザ)が、欧米の中では比較的取得しやすく、仕事も見つかりやすいでしょう。

 

私はJ1ビザでアメリカ生活を経験し、貧乏生活をしました。

必ず自分の目的に合致するのか見極めてください。

 

https://behonest-bekind.com/low-saraly-for-j1visa/

 

ドイツ~日系企業のドイツ支社~

ドイツには日本企業、中でも自動車関連企業が多く進出しており、支社がたくさんあります。

 

ドイツのデゥッセルドルフという町は特に、「ジャパンタウン」と呼ばれるほど多くの日本人が住んでいます。

 

 

日系企業に就職をして、ドイツ支社の転勤(駐在)になるか、

または現地採用として現地ドイツ支社の事務なども求人があります。

 

 

日系企業が転職先なら、ビザなども会社がサポートしてくれれば、取得しやすいです

 

 

【ドイツ】転職方法とおすすめエージェント~エンジニア求人・給料・ビザ・英語力などの転職事情のブログ~
海外・ヨーロッパで働いてみたい!という方には、ドイツ転職をおすすめします。ヨーロッパであるにもかかわらず、日系企業も多く、求人が多い、また就労ビザを取得しやすいためです。ドイツで転職先を見つける方法は?ドイツで働くと給料・年収は?未経験でも

 

日本人が仕事を見つけやすい国~中東編~

中東は、ここ数年間でIT企業の進出も多く、エンジニアであれば日本人でも転職先が見つかりやすいです。

ドバイ~日本企業と外資企業の両方を視野に~

 

日本の企業は、アフリカや中東の拠点として、ドバイに事務所を置く企業が多いです。

そのため、日系企業の募集はあります。

 

ただ、経済発展を続けているドバイには、世界各国から多くの企業が進出しているため、日本企業に限らず、外資企業なども視野に入れると、求人の幅が大いに広がります。

 

【ドバイ転職】日本人求人も多い転職エージェント~給料・年収、金融情報~
ドバイで働く転職先を見つける方法、ドバイの給料・年収、未経験でも日本人求人募集はあるか、女性も安全な治安か、どの転職エージェントがドバイに強いかなど、ドバイの転職事情とおすすめの転職エージェントについて解説します。

 

イスラエル~IT企業やスタートアップベンチャー~

 

アップルやGoogle、マイクロソフトもイスラエルの会社を買収して拠点をおいていたり、

年間でアメリカ以上のスタートアップが起業したりと、

「中東のシリコンバレー」と呼ばれ、世界中からエンジニアが集まってきています。

 

国としてもITベンチャー企業への支援が手厚く、コワーキングスペースを国が運用するなどしています。

 

もしもあなたがIT企業での職歴やエンジニアスキルがあれば、求人は見つかる可能性があります。

 

【イスラエル】エンジニア転職の方法~スタートアップ大国の給料・治安・ビザ・転職事情~
ベンチャー大国のイスラエル転職について、転職方法や転職の際のビザ、イスラエルの給料や治安、働きやすさと求人など、イスラエル転職事情をブログで紹介しています。 イスラエル転職をするためにおすすめの転職エージェントも紹介しています。起業を将来考えている方にはおすすめの国です。

 

日本人が仕事を見つけやすい国~アジア編~

 

日本人求人が多いのはやはりアジアです。

 

英語が喋れなくても、英語力不問、海外の仕事未経験でも、たくさんの日本人向け求人があります。

 

香港~英語力が身につく~

アジアの中でも、日本人の求人としておすすめの転職先は、香港です。

 

日本人向けの英語不問求人募集も多いです。

 

もっともおすすめの理由は、香港は公用語が英語のため、生活しているだけで英語が身に付きます。

日本に帰国した際に、転職の高ポイントになるでしょう。

 

大手の金融機関なども多いため、事務職でも経歴として大きな強みになります。

 

【香港】おすすめ転職エージェント~給料・外資・ビザやTOEIC英語の転職事情~
香港で転職先を見つける方法、香港で働くと給料・年収、未経験でもビザをもらえる求人募集はあるか、女性も安全か、どの転職エージェントやサイトが香港転職に強いかなど、香港への転職事情については不安がたくさんあります。実際に、日本から海外転職を行った筆者が、給料や未経験や女性もOKかTOEICは何点の英語力が必要かなど、香港の...

 

インド~マネージャーポジションなど若手管理職求人も多い~

次におすすめなのがインドです。

すさまじい経済発展を続けており、日本企業の進出は続いています。

 

日系企業の現地スタッフのマネージャーとしてのポジションの求人が多くあります。

 

インドの法律上、外国人がインドで働く際の最低給料が決まっており、一定以上の生活が保障されているため、海外転職先としても安心です。

 

未経験、若手歓迎の求人が多いため、帰国時にも経験を強みに、次の転職にも望めるでしょう。

 

【正社員】インド就職事情!おすすめ転職サイト・エージェント~女性、未経験特化~
インドで正社員の転職先を見つける方法、インドの給料年収、未経験でも求人募集はあるか、女性も安全か、どの転職エージェントがインドに強いか など、インド転職事情についてインドの転職事情と、インドで転職する際のおすすめ転職エージェントをブログで解説します。
【インド転職ブログ】エンジニア・未経験の求人におすすめのサイトとエージェント~年収や転職事情~
海外転職をしたい。でもアメリカやオーストラリア、イギリスなどの国は募集が少なく、ビザの取得も大変です。そんな方には、まずインドでの転職をおすすめします。インドでの転職なら、グローバルに働けるにも関わらず・給料水準が高い・経験不問、未経験OK

 

フィリピン~アジアリゾートの雰囲気を楽しみながら仕事~

海外転職後のキャリアよりは、転職中にリゾートの雰囲気を楽しみたい。

ワーキングホリデーのように、時間を十分に使いたい。という方には、フィリピンがおすすめです。

 

英語ができなくても日本人向けの求人がたくさんあります。

 

ただ、求人によっては待遇があまりよくない場合もあるので慎重に探しましょう。

 

【フィリピン】転職方法とエージェント~英語不要・未経験求人・給料など転職事情~
英語があまり得意でないから英語不要の求人案件で働きたい!という方には、フィリピン転職がおすすめです。フィリピンで転職先を見つける方法、給料・年収、海外未経験や英語不要の求人募集はあるか、女性も安全か、どの転職エージェントやサイトがフィリピン転職に強いか?など、フィリピンへの転職事情について、フィリピンの転職事情と、おす...

 

海外転職に強いエージェントに登録しましょう

 

海外で働きたい。

海外転職をして海外で生活したい。

 

海外転職の方法の最初の一歩は、

 

どんな求人があるか知ることです。

 

まずは転職サイトに登録してみましょう。

 

海外転職には英語力はどれくらい必要か、
海外で働くことが未経験でもOKか、

サイトに載っている求人を見るだけで、今世界ではどのようなグローバル人材が求められているのかがわかります。

 

また、エージェントが相談に乗ってくれるので、おすすめの海外求人を教えてくれます。
あなたが転職したい国、働きたい職種によって、今何をすればいいのか、海外転職までの流れがわかるからです。

 

また、転職エージェントによっては、英語の履歴書の書き方までもサポートしてくれます。

 

海外転職におすすめのエージェントはまとめているので、ぜひ登録をしましょう。

 

【海外転職方法】英語・未経験・女性・スカウトありのおすすめエージェントを使う!
海外転職をする方法の一つは、海外案件や、外資系、日系の海外駐在求人など、グローバル案件や外国と関わる仕事の求人のある転職エージェントに登録することです。東南アジアやアメリカ、ヨーロッパ求人など、国別、目的別の登録すべきサイトを一覧で紹介しています。

 

私も海外転職、アメリカのJ1インターンシップ転職を経験しました。

非常に苦労も多いですが、必ず将来役に立つ、そして絶対に公開をしない決断でした。

もし海外転職を迷われている方は、私の海外転職の理由もまとめていますので興味があればみてみてください。

決断の手助けになれたら嬉しいです。

 

【アメリカJ1ビザ】大手企業を辞め、給料を激減させて貧乏海外転職をした理由
大学卒業後に、日本の大手企業に就職をしたのに、給料が安いJ1ビザで転職してアメリカに行った理由をまとめました。 J1ビザは給料が安いため、アメリカでとても貧乏で苦労をしました。それでも海外転職(J1ビザ)をおすすめする理由を参考にまとめました。

 

タイトルとURLをコピーしました