【アメリカで車を売る】高く売る方法はディーラー?個人?売れる値段は?

アメリカの住宅街に停まる白い車 アメリカの生活

アメリカ留学や転職、インターンシップでアメリカに住んでいる方が、帰国が決まったら、最も困るのが、アメリカの車の売却です。

 

帰国前にどのように車を売ればいいのでしょうか??

売れる値段相場を知る方法は?

ディーラーは高く買い取りをしてくれるのでしょうか?

個人で知り合いに売った方が高く売れるでしょうか?

 

 

車社会のアメリカであなたの生活を支えてきた愛車の上手な売り方、高く売る方法を紹介します

 

 

ディーラーに売却するか?個人で売却するか?

まず、アメリカで車を手放す(売却する)方法は、2通りあります。

 

1、車屋さん(ディーラー)に売却

2、個人売買で買ってくれる人を探す

 

どちらの方法にもメリットとデメリットがあります。
両方のポイントを考慮して、どのように車を売るのがあなたにピッタリな方法か、検討しましょう。

 

 

ディーラーに売る場合のメリットとデメリット

■メリット:アメリカのディーラーに車を売却する場合、手放し日を指定できるのが大きなメリットです。
成約後、あなたは帰国ギリギリまで車を使うことができます。

 

■デメリット:アメリカのディーラーでは高額では買い取りをしてもらえません。

ディーラーによる査定や手数料がとられてしまうからです。

 

 

個人で売る場合のメリットとデメリット

■メリット:個人で売却する場合は、希望額(高い金額)で売約できる可能性もあります。

 

■デメリット:しかし、帰国寸前にキャンセルになってしまうリスクや、複数人との交渉などをご自身で行うなどの面倒が伴います。

帰国前に忙しくで忙しい方にはおすすめできる方法ではありません。

 

おすすめの車の売却方法と注意点

手間やリスクを考えると、よっぽど売却する相手が知人などでない限りは、プロのディーラーに任せた方が安全で、おすすめの車の売却方法です。

 

ただ、ここで注意したい点が、ディーラーに売却時の金額を任せしてしまわないようにしましょう。

 

市場価値は、高い車であるにも関わらず、ディーラーの低い見積金額と高い手数料を払ってしまうと、損をしていまします。

 

中古車を個人間で売買することが多いアメリカでは、その車が妥当な金額なのか、相場をチェックする以下のようなサイトもあります。

https://www.cargurus.com/Cars/instantMarketValue.action

このようなサイトを使って、ご自身の車が正当な額で買い取られているのか、見積もりと比べてみてください。

 

通常の市場での価格より安く見積もられている際は、それを伝えて、金額を交渉しましょう。
時には数百ドルから数千ドル金額が変わることもあります。

 

アメリカで車を買うときから売ることも考慮しておく

アメリカ生活で非常に重要な車ですが、帰国時には売却をしなければなりません

 

購入時から売却の事を考慮しておく事が重要です。

 

どのような車を買っておけば、買取もされやすく、高く売れるのでしょうか?

 

車を選ぶポイントは、売却をするのであれば、断然日本車を購入することをおすすめします。
アメリカでも日本車は「安全」というイメージがあり、プリウスなどはよく売れます

 

また、車種によっても自動車保険の金額なども変わってくるので注意しましょう。
数年だけアメリカにいる間の車であれば、機能的なものを選びましょう。

自動車保険については、別途詳しく記事にしていますので参考にしてください。

 

【アメリカ自動車保険】相場・アンブレラ保険?安いプランの選び方~日本との違いを理解しよう~
アメリカの自動車保険の相場や、日本の自動車保険との違いと、保険の仕組み(強制保険と任意保険)を説明しています。アンブレラ保険とは?保険料の相場は?など、安くて安全な保険を選ぶ方法とポイントもお伝えしています。日本語対応の保険会社もありますので、ぜひ安全なアメリカ生活に備えましょう。

 

車を日常的によく使うアメリカですから、かっこいいお気に入りの外車も素敵ですが、売却時の金額には、選んだお車で大きな差が出るのです。

アメリカで車を購入する際の購入方法や注意点は別途記事にしていますので参考にしてください。

 

【アメリカで中古車購入】費用や査定、安いのはどっち?~ディーラーと個人売買の比較~
アメリカで中古車を購入する際、費用面や安全性、査定や手続きなどの面から、ディーラー購入がよいのか、個人売買がよいのかを比較しました。どちらが自分に合った購入方法かをけんとうしてよい車を手に入れましょう。

 

ぜひ便利で効率の良い車で、アメリカ在住時も、帰国後も賢く過ごしましょう!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました