【駐在員】アメリカ国内で転職方法~駐在ビザ期間中に現地で転職して残る~

海外留学と海外転職

アメリカ駐在員としてアメリカにいる間に、アメリカ企業又は日系のアメリカ支社などへ転職をして、アメリカに残る方法をお伝えします。

 

駐在員は通常、2、3年の任務期間が終わると帰国しなければなりません。

しかしアメリカにそのまま残って生活をしたい場合は、駐在延長か、転職か、起業かの方法になります。

 

 

駐在期間が終わる前に、アメリカ国内で転職先を探すなら、

まずはロバート・ウォルターズ

に登録することがおすすめです。

 

 

駐在員ビザでアメリカ国内にいるうちに(ビザの有効期限内に)アメリカでできる転職活動の方法と、

ロバート・ウォルターズ

のおすすめの理由を紹介します。

 

ロバート・ウォルターズ

アメリカ駐在者がアメリカに残る方法

一度アメリカの生活や仕事のし方に慣れると、日本に帰国せずにそのままアメリカに残って生活をしたいと思う方が多くいます。

駐在員としてアメリカにいる方が、そのままアメリカに残る方法は、

 

① 駐在期間を延長して駐在生活を続けるか、

② アメリカで別の企業に転職をしてアメリカに残るか

③ 起業をしてビザを取得するか

 

の方法になります。

 

最も手続きがスムーズなのは、①の駐在期間を延長して駐在生活を続ける方法です。

しかし、大企業などでは、次の駐在者などの予定も決まっているでしょうから、延長は難しい場合も多いです。

③の起業は、コストやリスクも非常にかかります。

 

【アメリカ起業ブログ】アメリカで起業する方法と手順~ビザ、法手続き、会社形態、登記の流れ~
アメリカで起業をする際のチェック事項と流れ、方法を書いたブログです。 登記はどこでするか、会社の形態や必要ビザ、税金はどうなるのかなど、アメリカ起業の疑問について解決していきます。

 

今回は、②の、現地アメリカ企業に転職をする方法について詳しく説明します。

 

 

アメリカ駐在者が任期中にアメリカで転職する方法

通常、駐在員のビザの間は、現地アメリカで転職はできません。

期間が修了したら帰国するという内容のビザだからです。

 

しかし、ビザの期限が切れる前に、H1ビザというワーキングビザ(就労ビザ)に切り替える事ができれば、

アメリカ国内で転職することができます。

 

つまり、アメリカで駐在員(L1ビザ保持者)が転職するには、H1ビザを発行してくれる会社を探さなければならないということです。

 

H1ビザって何?という方は、こちらを先に確認しましょう。

 

【H1ビザとは?】アメリカの就労のためのビザ取得方法と申請費用・期間について
アメリカで働くには就労ビザ(H1-bビザ)が必要です。H1-bビザについて、申請にかかる費用や期間、取得の方法と申請のし方などを詳しく説明しています。アメリカに転職、アメリカで仕事をしたいなら必ず必要なビザの知識をつけておきましょう。

 

駐在員のアメリカ転職にロバート・ウォルターズがおすすめの理由

ロバートウォルターズがおすすめの理由① ~現地で面談~

 

ロバート・ウォルターズ
はイギリスが本社の外資のリクルートエージェントです。

 

 

海外の各地に拠点があり、アメリカにもオフィスがもちろんあります。

 

 

そのため、一度登録をしておくと、現地アメリカのスタッフを紹介してもらえるでしょう。

アメリカのオフィスで面談もできるかもしれません。

 

 

面談を受けるには無料の登録をしましょう↓

英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

 

 

ロバート・ウォルターズがおすすめの理由② ~ビザに詳しい~

アメリカの転職者は、外国人であれば、ほとんどの方がビザについて切り替えなどの手続きを踏まなければなりません。

しかしアメリカのビザの決まりは、頻繁に変更になります

 

そのため、外資系に強い転職エージェントももちろん日本国内にもありますが、

やはり現地の人の方がよく理解しており、情報も早いです。

 

H1ビザの切り替え手続きなどの流れもよく理解しているため、相談に乗ってもらいやすいです。

 

 

ロバート・ウォルターズがおすすめの理由③ ~H1ビザの難しさを知っている~

アメリカの転職会社の人であれば、そして外国人のアメリカ現地の転職サポート経歴があれば、

H1ビザを新たに取得することの大変さと、それにかかる期間などもよく理解ができています。

 

ビザを取得して転職できる可能性が低ければ、そのように早めに確実に伝えてくれるでしょう。

取得までの期間など、現地アメリカの転職会社でなければ、なかなかアドバイスができないこともよくサポートしてくれます。

 

ロバート・ウォルターズがおすすめの理由④ ~英語面接・英文履歴書のサポート~

ロバート・ウォルターズには、バイリンガルの外国人キャリアアドバイザーが多いです。

 

ほぼ全員がバイリンガルのスタッフのため、

英語の履歴書の作成や、英語での面接の指導なども手厚く行ってくれます。

 

駐在員の方は既に英語が堪能かもしれませんが、履歴書の書き方などはアメリカは日本と違います

このサポートは転職に非常に有効です。

アメリカ現地のスタッフはもちろんこのサポートを日本人向けには行っていません。

 

 

そのため、英語面接や英文履歴書のサポートを受けるためにも、

まずは日本のロバート・ウォルターズに登録がおすすめです。

必要であれば、日本のスタッフが、現地アメリカ人スタッフを紹介してくれるでしょう。

 

 

まとめ~アメリカ現地転職にはビザと転職エージェントが大切~

 

駐在員の方が(L1ビザ保持者が)アメリカにいる間に、アメリカで転職をする方法は、

H1ビザという就労ビザを発行してくれる会社を探すことです。

 

 

まずは転職サイトのロバート・ウォルターズに登録しましょう。

 

 

海外に拠点があるため、日本支社に登録してもアドバイザーに紹介してもらえれば、

アメリカで転職活動の面談を受けることもできるしょう。

 

 

現地アメリカのスタッフはビザについても詳しいため、多くの相談ができます。

また、ビザ取得が厳しい場合は、時間を無駄にせず、伝えてくれるでしょう。

 

 

英語の面接や履歴書の添削もバイリンガルキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

 

アメリカの駐在期間が終わる前に、ぜひ、アメリカに残って仕事をする選択肢を持つために、

一度アメリカ国内で転職活動をしてみましょう。

転職サイトへの登録は無料です。

 

 

登録は公式サイトから可能↓

英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

 

 

何かアドバイスが聞けて可能性が開けるかもしれません。

 

ロバート・ウォルターズ

タイトルとURLをコピーしました