海外の薬の効き目は強い?アメリカ生活での筆者の経験談

アメリカの薬の強さの体験談 アメリカの生活

アメリカの市販薬を服用する際、日本人には効き目が強いのか、どれくらいの分量を飲めばいいのか、不安ですよね。

 

一般的に日本の薬より成分量が多い、効き目が強いというイメージがあります。

 

日本人には強すぎるのか、飲み方や、注意点を、筆者のアメリカ生活の経験から体験談をお話します。

高価の違いは体質によって変わりますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

 

 

 海外(アメリカ)の薬は強い?

アメリカの薬

海外の市販の薬は、効き目が強く、日本人には分量が多すぎるのでしょうか。

 

これは、飲む薬と体質によります。

しかし、一般的によく日本人の身体は国際的に比較をしても小柄です。

そのため私は、海外で市販薬を購入した場合は、推奨されている分量よりも初回は少し少なめに飲んでいました

 

効き目が強すぎて眠くなったりするのではないかと副作用が不安な方は、まずは規定の半分程度の量の薬を飲んでみるのがいいかもしれません。

 

その後の症状によっては量を通常の説明書に書いてある量にしてもいいですし、副作用が現れるようでしたら、さらに量を減らしてもいいと思います。

 

生理痛の薬や痛み止めはさらに強い?

頭痛を感じている女性

女性が、海外で必要とすることが多いのは、生理痛の薬と頭痛薬でしょう。

 

一般的に、日本のイブやバファリンと同様に、痛み止めの薬は副作用として眠気が出ることがあります。

 

もしも量が多かったり効き目が強すぎたりすると、眠気が非常に強くなってしまいます。
私は、授業や仕事に支障が出てしまいますので、特に生理痛や頭痛の薬をアメリカや海外の薬局やスーパーなどで購入した場合は服用量を少なめにしていました。

 

アメリカで頭痛薬、生理痛のくすりとして、私は「Advil」という薬を飲んでいました。

最もアメリカで一般的で評判のいい「総合痛み止め」の薬です。

旅行や留学などで急遽必要になった場合に参考になる、筆者が使っていた薬をまとめていますので参考にしてください。

 

【参考】↓
アメリカの市販薬★かぜ・腹痛・頭痛生理痛・酔い止めにはどれを購入すべき?

 

日本人はどれくらいの量がいい?

薬の服用量は、それぞれの体質や体格によるため、一概に言えません。

しかし、私は心配だったので、市販の薬の説明書にある量の半分程度から様子を見ていました。

その後、体調を見ながら徐々に調節をしていました。

 

私は実際にアメリカで生理痛の薬は強く効き目があり、眠気を感じたこともあります。
一報で腹痛の薬はそれほど感じませんでした。

 

心配な場合は病院に行きましょう

アメリカの病院

薬の効き目が出やすく、心配な方は、病院で処方をしてもらうのがいいと思います。

 

市販の薬だと自分に合った分量がかわりませんが、病院に行けば、あなたの体重などに合わせて、ちょうどよい分量を処方してくれるはずです

不安なく薬を飲んで、体調を整えるためには、市販の薬ではなく病院に行くことも検討しましょう。

 

アメリカや海外生活で役立つ薬(現地で買える薬)や、薬が買える場所については、頭痛や酔い止めなど、症状別にまとめていますので、こちらも参考にされてください。

 

【参考】↓
アメリカ生活で筆者が使っていた常備薬と薬局

 

タイトルとURLをコピーしました